VIO脱毛をするべき女子してはいけない女子

VIO マンコラブ

VIOとは

VIOとは陰部周辺の体毛のある場所のことである。Vゾーン、IゾーンそしてOゾーンの3つのゾーンの総称である。最近では脱毛サロン等も増えており、女性だけでなく脱毛する男性も増えているようだ。

Vゾーン

Vゾーンは臍下から鼠径部までのゾーンであり一般的に正面から見た陰毛をいう。ハイレグ水着が流行した時期のVラインと同じである。Vゾーンの陰毛は個人差があり形や毛の量がハッキリ見える場所である。そのため陰毛の全部処理や一部処理など幅広い処理が選択される。

Vゾーン

Iゾーン・Oゾーン

Iゾーンは女性であれば大陰唇周辺のことである。この部分の陰毛が豊富な女性にはマンコが隠れてしまうほど多いこともある。Oゾーンは肛門周辺のことである。IゾーンとOゾーンは毛の全部処理が一般的である。

IゾーンOゾーン

脱毛する理由

なぜ脱毛するのか。

見せるため

一番の理由は見せるためだろう。特定の異性に見せるためという理由もあるだろうし、異性に限らず不特定多数の人に見せるためということもあるだろう。水着てプールサイドを歩くとき周辺の人に見られることも、積極的ではないにしろ見せることになるだろう。

エッチのため

セックスのために処理する人もいるだろう。この場合は陰毛をすべて無くしてしまうことが多いと思う。つるつるなら男女とも良いことばかりだと言う人も多い。実際にAV女優などは見せるためもあるだろうがパイパン女優は多い。

脱毛方法

医療機関

医療脱毛と呼ばれるらしい。医師が使える医療用の機器で処理するため、毛根まで効果が及び二度と毛が生えなくなるようだ。永久脱毛ということでしょうか。

エステサロン

エステの機器は医療用ほどの効果がないので完全に毛根までの処理ができないようだ。いずれは毛が生えてくるとのこと。しかし将来的に毛根を維持したいなら良いかもしれない。
エステでは機器を使用しない方法もある。脱毛ワックスを塗って毛を抜く方法もその一つだ。多少の痛みは伴うだろうがポピュラーな方法かもしれない。

自分で

自宅で電気カミソリやシェーバーを使って自分でも処理はできる。しかし剃毛はすぐに毛が伸びてくるので頻繁に処理しなければならない。自分でワックスを使うこともできる。こちらは痛みを我慢すればしばらくの時間は処理の必要がないだろう。
自分で処理するにしても長い間続けているとその部分は毛が生えてこなくなるようだ。知り合いの女性に真正M女がいるのだが、彼女は長い間ワックス処理や除毛クリームを続けているうちに毛が生えなくなったと言っていた。

処理の是非

欧米では処理が常識だと言う人もいます。実際のところはわかりませんが、ヨーロッパで活躍しているサッカー選手もロッカールームでは処理している選手が多い国もあるようです。ドラッグストアでも陰毛用のバリカンが売ってるようです。一般論としては体毛の多い人は処理したほうが見た目が良くなるということでしょう。

変態的視点では

変態の視点は複雑です。個人の意見としては何もしないマンコ周辺が好きです。陰毛は個性であって人それぞれです。しかしそれは場面によるのです。

リアルな空間

現実に目の前にマンコがあって自由に触れるなら。どんなに陰毛がボウボウでも興奮します。触れる距離なので陰毛が邪魔なら指でかき分ければよいだけです。私はマンコを見るのが大好きなので、つるつるマンコでもボウボウジャングルマンコでも大好きなのです。だから目の前のマンコ、リアルマンコならVIOゾーンにどれだけ毛があっても気になりません。処理など必要ありません。

バーチャル空間

AVのような映像のなかのマンコは少し違います。Vゾーンは無毛なら良く見えますが、整えた陰毛でも気になりません。しかしIゾーンやOゾーンの毛が多いと自分ではかき分けられないので無毛が良いのです。もしくはIゾーンは薄毛になれば良いのです。M字開脚の姿勢では良く見えるようにしてほしのです。

結論

風俗嬢のようなリアル空間の女性なら天然のままの陰毛が良いのです。逆に現実では難しいかもしれませんがぼうぼうマンコの女性ならそのままが好きです。見せてください。触らせてください。

映像のなかの女性ならIゾーンとOゾーンは薄毛か無毛が都合が良いのです。なにしろ見たいので。ただし男のチンポや異物が挿入されたマンコは興味ないのでそのままのマンコを見せてください。